老よ、ありがとう/東井義雄

「老」と「病」に、次第にむしばまれていく夕映えのとき。その老年の日の一日一日を、彼岸からの光に照らし出されて荘厳し、沁々と、晴々と、みずみずしく、「老」の風光を謳う、いのちの歳時記。
(四六判上製/本体¥2000+税)

【〈著者略歴〉東井 義雄(とおい よしお)】
1912年4月9日、兵庫県に生まれる。1932年、兵庫県姫路師範学校卒業、同年4月より40年間、兵庫県八鹿小学校を退く。その後15年間、姫路学院女子短期大学、兵庫教育大学大学院講師等を勤めたが、1987年3月、55年間の教員生活を終わる。この間、その教育実践に対し、ペスタロッチー賞(広島大学)、平和文化賞(神戸新聞社)、小砂丘忠義賞(日本作文の会)、教育功労賞(文部省、兵庫県教育委員会)、正力松太郎賞(全国青少年教化協議会)などを受ける。1991年4月18日、逝去(行年79歳)

著書:『東井義雄著作集・全10巻』(明治図書)、『根を養えば樹は自ら育つ』『いのちの芽を育てる』(柏樹社)、『拝まない者もおがまれている』(光雲社)、『いのちの根を育てる学力』(国土社)、『家にこころの灯を』『東井義雄詩集』(探求社)ほか多数

アマゾンで購入樹心社で注文する

       *       *       *       *       *