大きな手のなかで~重障児を持つ母親と念仏医者との往復書簡集/米沢英雄・吉村かほる

二人の重障児を抱え途方にくれていた母親が、念仏者である老医師に”生きる意味”を必死に問い続けて回生する書簡集。
(四六判上製/本体¥1500+税)

【著者略歴】
〈米沢 英雄(よねざわ ひでお)〉

明治42年5月31日、福井市に生まれる。旧制第四高等学校文科を経て、日本医科大学を卒業。開業医。平成3年3月、逝去。

著書:『米沢英雄著作集(全8巻)』『信とは何か』『歎異抄ざっくばらん』(以上柏樹社)、『超えて貫く』(教育新潮社)、『心の詩』(黎明書房)ほか多数。

〈吉村 かほる(よしむら かほる)〉
昭和15年3月20日、岐阜県加茂郡七宗町に生まれる。岐阜県加茂高等学校卒業。昭和40年、吉村英夫と結婚。昭和44年、長女志保、昭和46年、長男昭が生まれる。愛知県在住

アマゾンで購入樹心社で注文する

       *       *       *       *       *