2012/01/29

人間-この愚かなるもの~現代科学と仏法からの考察

人間-この愚かなるもの~現代科学と仏法からの考察/水原 舜爾
人間はどうしてこんなにも“愚か”なのだろうか。どうしたら人間はこの愚かさから解放されるのだろうか。―本書は、ニュートン物理学から脱皮した最先端科学と、科学を包み込んで説くことのできる唯一の宗教である仏教とに深く問うて、「人間とは何か」を考察した異色の書。
(四六判上製/¥1500+税)

【著者略歴 水原 舜爾(みずはら しゅんじ)】
1915年8月、岡山県玉野市八浜町に生まれる。1937年3月、第六高等学校卒業。1941年3月、岡山医科大学卒業後、同大学生化学教室助手。1942年12月より1946年3月まで兵役。1952年より2年間、米国留学。1954年4月より、岡山大学医学部生化学教室教授。1974年度、日本生化学会会頭。1980年10月、日本生化学会名誉会員。1981年、岡山大学名誉教授。学術賞、日本栄養食糧学会賞(1971年)。内藤記念科学振興賞(1982年)

アマゾンで購入樹心社で注文する

       *       *       *       *       *


カテゴリー: 宗教

タグ 

コメントは受け付けていません。

最新の情報

新講 教行信証~行巻4/本多弘之

生きることの根源的課題を、親鸞の『教行信証』に深く尋ねる、京都・相応学舎...

続きを読む »


願生の火が点く~人生の分岐点~/江本常照

「形式や知識教養にとどまる仏教のありかたに疑問を抱く中、著者自身も信心の厚い...

続きを読む »


今を輝いて生きるために/田畑正久

生きている限り、老いて、病んで、死んでいく。誰もが避けられないこの「生老病死...

続きを読む »


最新ニュース

新講 教行信証~行巻4/本多弘之

生きることの根源的課題を、親鸞の『教行信証』に深く尋ねる、京都・相応学舎...

続きを読む »


願生の火が点く~人生の分岐点~/江本常照

「形式や知識教養にとどまる仏教のありかたに疑問を抱く中、著者自身も信心の厚い...

続きを読む »


今を輝いて生きるために/田畑正久

生きている限り、老いて、病んで、死んでいく。誰もが避けられないこの「生老病死...

続きを読む »


»一覧表示