念仏は生きている~同行様たちへの書信/大石法夫

発病、入院、大手術を通して、「仏様のご本願をお伝えすることが私の助かる道だということを、いよいよはっきりさせていただいた」と、ますます布教活動に邁進する著者!!―仏様に使っていただき、お育ていただくよろこびと感慨を、親鸞聖人のみ教えの味わいを通して語り綴る同行様たちへの13の書信。
(四六判上製/本体¥1800+税)

【(著者略歴)大石 法夫(おおいし のりお)】
1921年4月、広島県大竹市に生まれる。1942年4月、京都大学法学部入学。1943年12月、学徒出陣で海軍入隊。1944年9月、京都大学を繰り上げ卒業。1945年8月、人間魚雷回天の光基地(山口県)にて終戦を迎える。1947年1月、仏門に帰依。浄土真宗木辺派法林寺副住職を経て、現在は自宅での法座を中心に、各地で布教活動を展開している

著書:『生まれてよかったですか』『どうなろうとこの道一つ』『人みな願いに抱かれて』『許されて生きる』『闇の中に光りあり』(樹心社)

アマゾンで購入樹心社で注文する

       *       *       *       *       *