樹心社の出版にかける想いがあります。

それは、
○この世が慈悲深く、平和な世であってほしい。
○工業重視、技術一辺倒のあり方から、もっと農業型、自然との関わりに立つエコロジーな社会であってほしい。
○あくまでも「いのち、みな生きらるべし」というあり方に立つ生き方を大切にしたい。

ということです。
福祉も教育も、健康医療や農・自然に関する書も、そういう「願い」に沿って出版していきたいと思っています。